【風俗初心者※要注意】パネマジ(パネルマジック)の実態と対処法

【風俗初心者※要注意】パネマジ(パネルマジック)の実態と対処法

【風俗初心者※要注意】パネマジ(パネルマジック)の実態と対処法

パネマジ(パネルマジック)とは?

風俗を利用する際に、ホームページやお店のパネルで風俗嬢の写真を見る事が多々あります。
どの写真も魅力的でとても気分が上がるものです。しかし、実際に風俗嬢を目の前にすると「写真と全然違う女性が現れた」という体験をする方は少なくありません。
こういった風俗嬢の写真を加工して魅力的に改ざんする事をパネマジ(パネルマジック)と言います。
具体的にどの様な加工がされているのかご説明していきます。

パネマジの種類

風俗嬢のプロフィール写真は、ほぼ全部と言っていいほどパネマジが入っています。目元や口元、鼻などの小規模の修正から骨格などの大規模な修正があるからです。
修正箇所をランキングでご紹介していきます。

3位 体系の修正

肩幅が大きい女性やお尻の大きい女性、足が太い女性の体系をスリムに修正されます。
写真で見るとグラマラスな身体つきだった風俗嬢が、実際はただ太った女性だったという事はよくある話です。
写真加工でくびれなどを作るだけでもかなり魅力的に見えるものです。

2位 顔(肌の修正)

風俗嬢の肌の修正はお決まりですが、肌のトーンや肌荒れの修正くらいでは大した事はありません。ここでいう肌の修正とは、シワやほうれい線、シミなどの事をいいます。人妻店など年齢が高い風俗嬢の写真は、ほぼ肌の修正が行われていると思って間違いありません。

1位 顔(目の修正)

目を修正するだけで、かなりイメージが変わります。特に目のサイズを大きくする修正は支流となっています。
また、プロフィール写真で鼻から口元にかけてモザイク、目は露出するなどの写真は多く存在しています。顔中すべてにモザイクを掛けてしまうと、指名率が下がるという事からこういったプロフィール写真が多くなったと考えられます。

パネマジを見抜く対処法

パネマジが横行する中、プロフィール写真から素顔を見抜くことはとても難しいです。その中で見抜くのに有効とされているのが下記の3つの方法です。

写メ日記を見る

近年では、風俗ポータルサイトやオフィシャルサイトに風俗嬢の写メ日記が掲載されています。
プロフィール写真ではモザイクが掛かっているけど、写メ日記では掛かっていない」と、いうことも多々あります。
また、SNOW(スノー)などのビューティー効果の写メアプリなどを使用している事が多いですが、それでも十分に素顔を把握する事は可能です。

動画(ムービー )を見る

こちらも風俗ポータルサイトなどに動画が投稿出来る機能があり、お店側も集客の為に率先して動画をアップしています。
胸やお尻の部分的な動画が多いですが、動画の中に少し顔が映り込むということがあります。身体のラインも確認出来るので、とても有効な手段だと言えます。

レビュー(口コミ)サイトを見る

別人の様に修正を行う店舗があれば、少しの修正しかしない店舗もあります。そういったお店の情報は、レビューサイトに掲載されていることが多く、ある程度の情報収集が可能です。
多くの人が「全然写真と違う」とレビューしている店舗は避ける事で、パネマジの風俗嬢を回避する事が可能です。
また、逆に「写真通りの女性が来た」などの情報も得られるので活用しましょう。

パネマジのクレーム・法的な問題

実際にパネマジは「詐欺」として扱われるのでしょうか?過去にクレームを出した人は何て言われたのでしょうか?

結論から言うと、全くの別人の場合(モザイクなし写真に限る) は、景品表示法違反にあたります。ただ、どこまでが「全くの別人」の境界線が不透明なため、実際に通報するケースは無いと思います。

では、クレームはどうでしょうか?
パネマジに騙された客がクレーム出すと、先ずは「チェンジ」の提案をされます。チェンジを選んだ場合、すぐに対応が出来る風俗嬢が向かう事になり、そこに選択肢はほぼありません。大抵のお店はチェンジの回数も決まっており、結局は泣き寝入りとなります。

まとめ

今後パネマジが無くなる事はないと思います。経験の無い風俗初心者は、パネマジの罠を避けては通れない道と言っても過言ではありません。ただ、回避する為の情報があるとないとでは確実に大きな差があると思います。
日頃から利用する方も、初心者もせっかく風俗を利用するなら可愛い子と満喫したいですよね。

写メ日記、ムービー、レビューサイトを上手く活用してパネマジを回避しましょう!